活動方針・活動計画

第11期-第12期 活動方針

1. 活動基盤の構築と組合活動の更なる進化

1. 活動を支える活動基盤の構築

  • 組合員に一番近い事業所(支部・分会)を起点に組合活動ができる活動基盤を構築
  • 感染症拡大・自然災害等が発生した際も、タイムリーに対応できる活動基盤を構築
  • オルガナイザー(労働運動家)として大切にすべき、考え方・行動ができる人材の育成
  • 活動領域ごとの知識・専門性をもつ人材の育成
  • 労働運動を未来につなぐ世代の関与

2. 新しい組合活動の在り方とそれを支えるしくみの構築(オンラインによる組合活動)

3. IT技術等を活用した広報(SNSの活用・ペーパレス)

4. IT技術の活用による組合活動の効率化

2. 会社の健全な成長と組合員が働きがいをもって働くことの両立を実現する

1. 取り組むべき課題を明確にして実践する

  • イオンリテール㈱をはじめとする労働協約締結会社の経営戦略や経営の実態を把握し、取り組むべき課題を明確にして実行
  • コロナ禍における雇用の確保と労働条件の維持
  • 安心して働ける環境整備と新しい働き方への対応(店舗勤務等の働き方・オンライン活用・在宅勤務)

3. 新しい働き方への対応と多様な人材が活躍できる制度の整備

  • 新しい働き方の課題集約と解決(店舗勤務等のルール・オンライン活用・在宅勤務)
  • 法改定による制度改定(コンプライアンス対応)
  • 多様化する働き方に対応する制度の整備(ダイバーシティ対応)
  • 2020統一労働条件交渉からの継続課題への対応

4. 流通業の社会的地位の向上と持続可能な地域・社会の実現

  • 私たちのありたい社会・地域を描く
  • 問題解決の手段として政策推進活動を行う
  • 政策推進活動を進める基盤つくりのための政治・選挙活動を行う
  • 自社だけでは解決できない問題を上部団体・パートナー議員と連携し解決する

第12期 活動計画

1. 全員参画による組合活動の実施

第11期に続き、新型コロナウイルス感染症の影響は治まらず、組合員やそのご家族の不安や悩みを解消するための「職場に一番近い支部・分会で相談をうけて課題を解決すること」の重要性を再認識する期となりました。
第12期は第11期の活動経験を活かし、更なる労使協議による職場の課題解決や組合員の全員参画に向けた支部活動を、主体的に運営できる支部組織体制実現を最重点活動と位置付けて取り組みます。ゾーン役員・グループ役員の支部への巡回とともに、IT技術を活用しタイムリーな情報配信や、支部役員が活動を効率的にできる環境整備に取り組みます。また、第12期は参加関与人数に意識を置き、あらゆる活動で組合員の参加、参画を促し、全員参画による組合活動につなげます。
支部役員は、組合における支部の代表者です。役員で協力して組合員の声を集め、職場の課題解決に取り組むとともに、組合の情報を伝え、組合員の活動の参画を促し、職場の組合員全員が活動に参加・参画できる環境を創り上げていきます。
ゾーン・グループ・中央役員は、下記の「支部での活動ができている状態」になるように、サポートを行います。

支部での活動ができている状態とは・・・

≪定性的目標≫

  • 組織(職場に組合がある)
    ①支部の組織体制が整い機能している②双方向コミュニケーションが成立している③組合員全員が組合活動に参加参画している④支部総会(集会)が組合員の参加によって正常に成立している
  • 教育(役員がリーダーの役割をはたしている)
    (課題認識→課題化→課題解決のサイクルが回る、団結力・統率力・実践力がある)
  • 情宣(支部目標が全組合員に浸透している)
    組合員に知らせるべき事項をタイムリーに正確に周知徹底することができ、ビジョン・方針(計画)を組合員が理解している

≪定量的目標≫

自組織の状態を認識し、各支部で定量的目標が設定できる

1. 活動基盤の強化

  • 支部を起点にした活動基盤の構築
    ● 支部の重点活動を職場の課題解決とし、支部で課題解決ができる組織体制を構築します。
    ● 期首や支部役員が変更になるタイミングで、特別支部執行委員会を開催し、支部の運営方法や年間の活動計画等についての確認を行います。
    ● 支部集会、支部総会などで集約した組合員の意見をもとに、支部執行委員会で支部で実施する組合活動を企画し、組合員の参加関与度を高めます。
    ● 毎月支部執行委員会を実施し、支部活動の円滑化と、労使による協議(労使協議会・安全衛生委員会)前の集約した課題精査を行う作戦会議の場とします。
    ● 支部で解決できない課題は、事業部労使協議会などの各級労使協議会で解決できるように取り組みます。
    ● 入組式を初めて組合に触れる重要な機会と捉え、組合活動に対する理解を深め、組合員の権利と義務について知る場として確実に実施することで新組合員の活動への参加関与につなげます。
  • オンラインシステムを活用した組合活動の実施
  • ● 拠点に集合することを前提にした組合活動や会議体を、オンラインシステムを活用することで、拠点に集合しなくても活動ができる環境を整備します。
    ● 「UNI-ON-LINE」企画は、参加者数を意識した大型企画数本と、組合員がオンラインで参加できる学びの場として、テーマやターゲットを明確にした企画を実施します。
    ● リモートで行う活動拡大に伴いタブレット端末の支部運用を拡大します。
  • IT技術を活用し活動を支える
  • ● 支組合活動実施における企画立案などの諸準備や、支部とゾーン・グループ・中央との情報共有等に対して、IT技術の活用を検討し、更なる実用化を進めます。
     (アンケート・支部企画報告書・情報共有のWeb化と会議のオンライン・ペーパーレス化)

2. 広報

  • SNS・ホームページの活用による広報活動
    ● 組合員にタイムリーな情報を直接伝えるツールとして「LINE」の登録拡大と活用方法を進化させます。
    ● 組合員へホームページの周知を行うとともに、更新をタイムリーに実施し鮮度のある情報を発信します。
  • 新たな広報誌
  • ● 本部主幹の機関誌を新たに年4回発行します。ワーカーズクリップはグループ主幹とし、発行頻度(2か月に1回以上)、発行媒体はグループに応じた進め方とします。

3. 教育

  • 組合役員の役割に合わせて学ぶ機会の実施
    ● 支部・ゾーン・グループ役員それぞれの役割に応じた教育機会としてユニオンスクールを実施します。オンラインでも受講可能とする準備を行います。
    ● 中央執行委員としての役割の理解と必要な知識を学ぶ場として、新任中央執行委員を対象に期首に新任中央執行委員研修を行います。また、ビジョンの浸透・実現に向けた人材を育成する機会として中央執行委員セミナーを実施します。
    ● 上部団体活動に常時参加する対外担当者向けに、新任対外担当者セミナーをグループ単位で実施します。
  • 課題解決に必要な知識とスキルの向上
  • ● 課題解決に必要なスキルを習得するために上部団体教育機関等への派遣を行います。
  • 次世代人材の発掘と育成
  • ● 社会貢献活動やオンライン組合活動などの企画立案を通じて、将来のイオングループを支えるリーダー発掘と育成を行います。
  • オルガナイザーとして必要な知識・専門性をもつ人材の育成
  • ● 専従者として必要な知識・専門性を高める機会として、教育体系に沿った教育を実施します。

    ◆イオンリテールワーカーズユニオンらしいオルガナイザー(自律的な活動家)とは

    ● 組合員一人ひとりにとって現実に困っていることを、そばにより添い、課題認識、傾聴、課題解決、信頼関係を構築できる人。
    ● 多様性を認め合い、受け入れ、違いを活動の中に活かせる柔軟性を持ち、信頼感、一体感を創りだし、協働を築く、しなやかなリーダーシップの発揮できる人。
    ● リーダーとして自己の感情・価値観・基本的欲求や恐れを理解する自己洞察力を持ち、自己尊重・自負心をもつ人。

    ◆専従者とは

    ● イオンリテールワーカーズユニオンらしいオルガナイザー(自律的な活動家)としての力を強くもち、知識、専門性(労働法、経営分析対策能力など)を高め、組合員のおもいの代弁者であることに覚悟をもつ人。

2. 経営の課題解決と働きがい・生産性の向上

イオングループ経営を取り巻く環境は、コロナ下の影響もあり更に厳しさが増しています。その難局を乗り越えるためにも、労使が一丸となって、経営課題の解決に取り組み、労働組合の基本機能である、雇用の確保と労働条件の維持・向上を果たし、働きがい・生産性の向上を行います。

1. 経営課題の解決に取り組む

  • 会社方針の理解浸透
  • ● 会社方針を労使で理解する機会をつくります。その理解した内容をもとに、各級労使協議会にて会社方針の理解を深め、労使で職場の課題解決を図ります。
  • 経営課題の全体像を把握し、優先順位をつけて課題解決する
  • ● 組合員や経営・店幹部との情報交換や職場巡回を通じて職場の課題を把握し、優先順位の高い課題から解決します。
    ● イオンリテール㈱のリバイバルプラン実現に向けて、経営対策委員会で重点課題を設定し、取り組みを行います。
    ● イオンリテール㈱以外の労働協約締結会社については、経営課題を把握し課題解決の取り組みを行います。
  • 労使生産性タスクの活性化
  • ● イオンリテール㈱労使で行っている生産性タスクにて、職場の課題解決や、改善事例の情報発信を積極的に進め、スピード感をもって働き方の改善を行います。
  • 自社購買意識向上の取り組み
  • ● アッと!イオンレシートキャンペーンはLINE応募活用を拡大し、より自社購買意識の向上につながる取り組みに進化させていきます。

2. 働きがい・生産性の向上

  • コロナ下により求められる安心して働ける環境整備への対応
  • ● 店舗や事業所の施設の点検箇所を明確にし、安心して働ける環境整備を行います。
    ● 在宅勤務やオンライン会議等で発生する課題について、労使確認し効果検証を行います。
  • 心身ともに健康で働く
  • ● 安全衛生委員会は、「健康増進対策・労働災害防止・長時間労働抑制等」についての進捗と対策を話し合う場とし、月度別テーマを設定し、職場の安全・健康を促進する働きかけができるようにしていきます。

3. 社会の変化やライフステージに合わせた働き方ができるしくみを構築

多様な生き方・働き方の広がりやデジタルの進化によって社会が大きく変化していることに加え、コロナ下の影響もあり、ライフスタイルも大きく変化しています。そのような時代の変化に先駆けて、社会の動向や他社事例等の調査・研究を行い、イオンリテールワーカーズユニオンとしての考え方を策定し、各社のしくみの構築につなげます。働き方を選択できるしくみを整備し、全ての従業員にとって働きやすい職場を各級労使協議会での協議・統一労働条件交渉を通じて実現します。

  • 働き方の改革(実労働時間削減)、総実労働時間短縮に向けて取り組みを進めます。
  • イオンらしいダイバーシティが実現できるしくみをつくります。
  • イオンで働く従業員のキャリアを充実させるためのしくみをつくります。
  • あらゆる格差是正に向けて労働条件の改善を進めます。
  • ● 労働協約締結会社間の格差是正に向けた取り組みを進めます。
    働き方の改革・ダイバーシティ推進を進めるため各社労使で学ぶ機会をつくります。(例:労使フォーラム)
    また、グループ共通福祉会(イオン健康保険組合・イオングッドライフクラブ・イオン企業年 金基金・イオン社会福祉基金等)・上部団体・政治団体とも連携し活動を推進します。

4. 社会の一員として、より良い社会の実現を目指す

イオンで働いている従業員であり、社会の一員であることを自覚し、私たち自身がどんな社会・地域・産業でありたいかを描き、そのありたい社会の実現に向けて、活動を進めていくことが重要です。そのためには、各種団体やパートナー議員と連携を強化し、また社会の問題に対して、一人ひとりが行動する意識の醸成を行います。

1. 社会の問題解決の推進

  • ありたい社会に向けて問題解決を行う
    ● 上部団体で答申されている産業政策指針等をもとに、組合員一人ひとりが「生きる・暮らす・働く」ための、ありたい社会の状態を描き、そのありたい社会に向けて、活動を推進していきます。
    ● 組合員がより地域に役立つ支部・店づくり、地域と関わることで永続的に地域と信頼関係のある支部・店にします。下記のステップをもとに「まなびの島セミナー」「地域交流プログラムリーダー育成セミナー」を実施します。
    ● ありたい社会の実現に向けて、社会・産業・労働の問題を整理し、上部団体やパートナー議員と連携し、活動を進めていきます。

2. 私たちの代表者・関係団体への支援と連携

  • 第26回参議院議員選挙「かわい たかのり」必勝に向けての取り組み
  • ● 2022年施行予定の第26回参議院議員選挙「かわい たかのり」必勝に向けて、イオンリテールワーカーズユニオンとしてのマスタープランの完遂を目指し、政治活動対策プロジェクトを通じて、取り組みを進めていきます。
  • パートナー議員や各級議員との連携
  • ● 私たちの働く地域の問題を、支部を起点にパートナー議員、UAゼンセン組織内・準組織内議員と連携し、会社とともに解決できる枠組みを創っていきます。そして、イオンで働く従業員にとって、社会との関わりが日常化できるようにします。
    ● パートナー議員と情報交換や交流の機会を開催し、問題解決の取り組みを進め、問題解決の事例を増やします。
    ● 私たちのありたい社会の実現に必要なパートナー議員を増やします。
  • 3)関連団体との連携
  • ● くらしと社会の総合政策研究ネットワーク(くらし総研)や夢未来の会、イオンクラブ、などの関係諸団体と連携し、地域や社会の問題解決について理解や関心を高める活動や活動の広報を推進します。

3. 社会貢献と地域交流を通じて、社会とのつながりを感じる

  • マイハート基金を軸にした社会貢献活動の実施
  • ● 「マイハート基金」を恒常的なボランティア(募金)活動の受け皿として一本化し、より身近な社会貢献活動として事業や支部活動の際に活動紹介・啓蒙を行い、組合員のボランティアマインドの醸成を図ります。
    ● 募金活動については、オンラインの募金も可能とするしくみを導入します。
    ● 労使共同で推進してきた「イオン心をつなぐプロジェクト」に、継続して取り組みます。
  • 今後の社会貢献活動の進め方を考える
  • ● コロナ下の状況を鑑みて、「中国・アセアン交流セミナー」は実施せず、これまで実施してきた活動の振り返りと今後の活動の在り方等を検討します。

5. 共済・福祉~組合員であることで享受できるメリットを拡大します~

組合員とそのご家族の福祉増進と生活文化の向上、相互扶助の推進を図るための取り組みを進めていきます。

1. 組合員の生活メリットの拡大

  • UAゼンセン共済の加入推進
    ● 重点商品・期間を設定して共済活動を進めていきます。
    ● 共済手続きのWeb化を推進します。(各種手続きやシミュレーションなど)。

2. 人生100年時代に備える

  • ろうきん、全労済、上部団体などのメリット情報発信
  • ● 労働金庫と連携し、セカンドライフを実現するための定年後に向けたセミナーやマネープランセミナーを開催します。

6. 総務・財務・内部統制

約12万人の組合員を擁する組織として、活動を支える総務・会計のルール改善に取り組みます。組織のリスクマネジメントのためのリスク監査と、そこから見えてきた課題の解決に向けて取り組みを実施します。

1. 総務・財務について

  • 規定・ルール
    ● 活動環境を踏まえてルールの改善や運用について見直し、整備を行います。
  • 総務・会計業務のデジタル化
  • ● オンライン活動拡大に対応した参加費支払方法を導入します。
  • 健康管理
  • ● 組合活動におけるパワハラ、セクハラの防止策についての教育機会やハラスメントアンケートを行います。
  • 危機管理
  • ● 大規模災害発生時に対応できるように初動訓練を実施します。
    ● 緊急事態に対応した事務所体制を構築します。

2. 内部統制について~「内部監査」による業務改善を進めます~

内部統制を進めるにあたっての3つの基本認識

    イオンリテールワーカーズユニオンは約12万人の大きな組織です。より一層、組織内外の信頼に応える運営を実現することを目的として内部統制を行います。

    ①【活動推進として】
    組織の目標が支部組織にまで理解され、目標に沿った活動が組織全体で行われているかを確認し、組織全体の円滑な活動運営を促進します。

    ②【リスク対応として】
    不測の事態を未然に防止し、活動が適正に行われるような管理体制の整理・改善を促進します。

    ③【説明責任として】
    組合活動の状況を網羅的に把握でき、組合員に対する説明責任を果たすことを促進します。
    大事なこと、当たり前のことを当然のように行える組織、自信を持って誇りを持って活動できる組織、人が変わっても継承できる組合員のための組合組織を目指します。

  • オペレーショナルリスク・マネジメントリスクの改善
  • ● リスク監査結果を基にグループ業務改善ミーティングを実施します。__
  • 内部監査を推進するための人材育成
  • ● イオンリテールワーカーズユニオンのルールの背景を知る機会として内部統制勉強会を新役員中心に開催します。

3. 総務・財務(内部統制含む)体制について

  • 総務会議を開催します。(年2回 対象者 書記、総務財務共済担当)
  • ● 総務・財務・共済の担当者として、会計業務や活動ルール、共済の取り組み進捗などの情報共有を行い、改善に向けて検討を行います。
  • 内部統制推進会議を開催します。(年1回程度 対象者:中央監査・グループ監査)
  • ● 内部統制を理解し、監査の役割と監査方法を学びます。監査を通して、グループの傾向と課題を把握し、業務改善提案を行います。
  • 内部監査体制として中央監査7名と、グループ監査を配置します。
  • 書記ミーティングを実施します。

7. 上部団体活動

上部団体と連携し、社会の問題解決を進めるための人材の派遣や活動を支える役割を担います。

    ● 上部団体で決議した取り組みに対して、イオンリテールワーカーズユニオンとしての取り組みの方向性を決定し、活動を進めていきます。
    ● 流通業界の公正労働基準確立に向け、上部団体主要ポストに、イオングループ労働組合連合会と連携しながら戦略的な派遣を行います。
    ● イオングループ労働組合連合会の地域会議等に対し中心となって取り組み、労連活動や加盟単組の自律をサポートします。また、労連事務局へ人材を派遣し、労連と連携することでより効率的な組織運営につなげます。

8. 組織体制・会議体

活動計画を実行するために、以下の組織体制・会議体を設置します。

1. グループ・書記局体制

    ● GMS7グループ(本社グループを含む)と労働協約締結会社単位の10グループ(イオン㈱グループ、イオンアイビス㈱グループ、イオンライフ㈱グループ、トップバリュコレクション㈱グルー プ、R.O.U㈱グループ、イオンバイク㈱グループ、イオンリカー㈱グループ、MV南東北㈱グルー プ、MV関東㈱グループ、MV北陸㈱グループ)の17グループ体制とします。
    ● 出向者の管轄は、本社グループとします。
    ● 本部書記局に、「政策・経営対策局」(労働政策・経営対策・政策政治・事業)、「政治局」、「組織・総務・財務局」(組織教育・地域・広報・総務財務・共済)を置きます。
    ● 本部に各社サポートチームを配置します。個社の自立に向けたサポート全般を各局と連携して行います。

2. 職務分掌

  • 分会・支部
  • ● 組合窓口を配置できる最小の単位を分会とします。
    ● 労働協約に基づく労使協議ができる単位、もしくは定期的な組合活動が実施される単位を支部とします。
    ● GMS支部はMGR単位を基本に役員を配置し、支部内のレポートラインを確立します。その他の支部も支部内組合員とのレポートラインが確立するように役員を配置します。

3. 会議体

    ● 規約に基づく会議に加え、中央執行委員会の諮問機関として委員会・プロジェクトを開催し付託された議題や課題について検討を行い、中央執行委員会に答申します。
    ● グループはグループ執行委員会・ゾーン運営委員会・支部執行委員会の開催と運営統括を行います。必要に応じて専門委員会等を開催します。
    ※ コロナ下の状況に合わせ、集合形式からオンライン形式での開催方法や実施回数を検討し、開催します。
  • 委員会
  • ● イオンリテールワーカーズユニオン運営委員会(月1回程度)
    中央執行委員会議案の事前協議や、短期的な活動の方向性の検討、組織の中期的な課題についての解決案を検討します。
    ● イオンリテール㈱政策委員会(年10回程度)
    イオンリテール㈱の労働政策に関する課題や統一労働条件交渉の要求内容について検討します。
    ● イオンリテール㈱経営対策委員会(年10回程度)
    イオンリテール㈱の経営戦略に関する課題について、情報共有と解決案を検討します。
    ● 組織委員会(年4回程度)
    組織運営上の基礎(労働協約・組合規約)を基に、組織体制・組織防衛・組織統合等の課題について、理解と対応策を検討します。
  • プロジェクト
  • ● ビジョン浸透プロジェクト(年6回程度)
    ビジョン浸透に向け必要な活動の検討、戦略の立案、戦略セミナーの企画検討を行います。
    ● 政治活動対策プロジェクト(年6回程度)
    2022年施行予定の第26回参議院議員選挙必勝に向けた対策を実行します。